フラピクニック2017 ゲスト紹介 クム カプ ・キニマカ・アルキーザ

今回はクム1名でのご参加となります。ワークショップも開催されますので皆さま是非ともご参加下さいませ!

ワークショップ日時 9/30 15:00-

「Mokapu I Ka Malie」 by Mailani

チケット、ワークショップのお問い合わせはこちらから フラピクニック2017

【クム カプ ・キニマカ・アルキーザ】
Kumu Hula Kapu Kinimaka-Alquizaは有名なエンターテインメント集団 Kinimakaファミリーのカウアイ島出身のJosephとEllenとの間の16人の子供の12番目として生まれる。彼女は「Auntie Kapu」と多くの人々から親しみを込めて呼ばれ、Na Hula O Kaohikukapulanのフラの教室、Ato’oi Maramaのタヒチアングループを35年近くに渡り主宰しています。彼女はLovey Apana、Joseph Kahaulelio、Palani Kahalaからフラの伝統を分かち合うことを許されたことを感謝しています。

フラやタヒチアンを踊ることは彼女の家族にとって自然なことでした。父はファルセット歌手とスティールギタープレイヤーであり、母は伝統的なフラのダンサーでした。彼女の人生は多くの家族、音楽、ダンス、愛、ハワイアンの価値観に囲まれて育まれていきます。家族は学校や家の用事が済むと、水泳、サーフィン、音楽、フラやタヒチアンのダンスをしたものでした。彼女や姉妹たちはハワイアンフラ、タヒチアンのダンサーやインストラクターになり、兄弟たちも素晴らしい歌手でミュージシャンとして活躍しました。

彼女と夫のPeteは現在カウアイ島のHanapepeに住み、3人の子供と9人の孫をもうけ、うち7人はダンサーとなりました。Peteは世界各地のカウアイ島の様々なリゾート施設を回っている大小のグループにショーを提供するポリネシアンエンターテインメントカンパニーPitah Productionを運営しています。