10/1のフラピクニック2017のゲストをご紹介です。
カレオ・トリニダット
カレオ・トリニダットは、フラの歴史、伝統、訓練を長年に亘る厳しい修行の後、
ウニキ(儀式)を受け名誉あるクム・フラというタイトルを獲得。ハワイ人の子
孫の為に作られた伝統ある私立校カメハメハ・スクールでも、同じくクム・フラ
としてもフラを教授。この学校で毎年行われるホイケ(全校合唱コンクールでの
コンサート)では、フラ及び授業内容や課外クラブ活動内容を上手く統合させる
重要な役目も果たす。
2004 年に創設した自身のハラウ「カ・レオ・オ・ラカ・イ・カ・ヒキナ・オ・
カ・ラ」は、僅か 14 名の生徒でのスタートだった。幅広い技量はフラ(カヒコ、
アウアナ)に留まらず、歌う曲も伝統的なものからモダンなものまでとレパート
リーが広く、また巧みにウクレレを弾きこなし、タヒチ、クック島、イースター
島、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ国内、日本、中国でも国際的
なショーのプロデュースをする。
国際的にも有名なメリー・モナーク・フラ・フェスティバル(フラの大会)でも、
カネ(男性フラ)、ワヒネ(女性フラ)、及びミス・アロハ・フラ(ソロ女性フ
ラ)においても受賞多数。ハラウ創立 10 周年を迎えた 2014 年には総合優勝を果
たした。その他特記すべきパフォーマンスには、オバマ大統領就任記念パーティ
ー(メレ・イノア)、国連 60 周年記念式典、アウラニ:ディズニー・リゾート起
工式(プロダクション、儀式用ダンスの創作)、ニューヨーク・シティー・セン
ターより招聘を受け出演した「フォール・フォー・ダンス(毎年秋に行われる国
際ダンス祭典)」がある。
クリエイティブで高知識でありながら、謙虚で努力家の振付師、パフォーマー、
ミュージシャン、そして教育者でもあるカレオ・トリニダットは、ハワイで最も
崇められる新鋭クム・フラと言えよう。

チケット、ワークショップのお問い合わせはこちらから
フラピクニック2017 サイト